ストレスはニキビになぜ良くないのか

ストレスがなぜニキビに良くない理由

ストレスの原因は色々です。
仕事が忙しすぎる、苦手な人がいる、恋人とケンカしている、親の干渉がヒドイ、お金が無くて困っているなどですが、ストレス状態はニキビが出来やすい状態です。
女性はストレスを感じると防御しようとして、男性ホルモンのアンドロゲンを装備するのです。
アンドロゲンは女性の持つ黄体ホルモンと似ている働きをするので、生理前にニキビが出来やすいのは黄体ホルモンの作用です。
また思春期のニキビは、このアンドロゲンが急速に分泌されることで出来ます。
アンドロゲンが多く分泌されると皮脂が活発に出て毛穴を塞ぎます。
さらにストレスを感じると甘いものを食べたくなり、飲み会などでグチを言って発散したくなります。
お菓子とアルコールはニキビの悪化の原因で、一番やってはいけないことです。
食べ物以外でストレスを発散したいところですが、ビタミンやタンパク質を中心とした食事をして、デザートで少しお菓子を食べる程度なら許容範囲でしょう。
後はお肌のために早く眠ることが大事です。

関連ページ

ニキビはつぶして皮脂を押し出すと早く治る?
にきびはつぶしたほうが早く治る?皮脂をおしだして早く治すことについて
大人ニキビに効く食べ物と大人ニキビを治すためのおすすめ献立は?
毎日食事はかかせませんよね、できてしまったニキビにどんな食事をとったら効果的なのはおすすめの食事について
お通じが悪いとニキビが出来やすくなるって本当?
お通じが悪いとニキビができやすくなるというのは本当なのか、対策について
夜更かしするとニキビが・・どうしたらいいのか
夜更かしするとニキビができてしまう、だからといって眠ることができない。そういう時はどうしたらよいのかについて